CADを導入する利点とは?手書き製図のメリットデメリットについても解説


CADの概要と導入する利点

Computer Aided Design(コンピューター支援設計)の略語であるCADは、コンピューターを用いて設計するための支援ツールを指しています。CADには、平面上に図形を描く2次元CADと空間に立体のモデルを造型する3次元CADの2種類があります。一般的に自動車や家電といった業界の大手企業では3次元CADへと移行されていますが、立体モデルを設計する必要がない業界では2次元CADを使用する企業も多いです。3次元CADの方が習得は難しいですが、回転や拡大、移動といった操作が可能になります。

CADを導入する利点として一番に挙げられるのは、修正作業が行いやすいという点です。修正したい部分のみを特定して正確に作業が行えるため、他の部分に影響が出てしまう心配はありません。また、データで図面を管理できることもCADの利点の一つになります。図面のデータを共有して複数人で作業を進めることも可能であるほか、図面を紛失するリスクも少ないです。

手書き製図のメリットとデメリット

手書き製図のメリットとして、初期費用を抑えらえると言う点が挙げられます。手書き製図に用いるのは紙やペンなどであるため、資金力がない場合でも製図を始めることが可能です。また、手書きで製図の作業を行うと、製図に関する知識や技術、経験が得られます。しかし、手書き製図には作業効率が落ちてしまうというデメリットもあります。図形に正確な寸法が記載されていない場合、手書きの図面では距離や角度についての正しい数値は読み取れません。また、ペンや消しゴムを用いる手書き製図では、修正作業や流用は難しくなります。

電気CADには、内線規定などの法令情報も組み込まれているため、手作業による作図ミスをすることなく、電気工事の配線図面を設計できます。